結婚情報サービスを今すぐ比較する!


あなたはどっち!? コンサルタント型VSネット完結型

結婚情報サービスは、実は大きく2つのタイプに分かれています。会員の相談に答えてくれるコンサルタントのいるサービスと、ネット上でプロフィール閲覧から出会いまで完結させるサービスです。成婚までの流れを例にとって、どんな違いがあるか確認してみましょう。

K・Tさん(34歳)自分で異性を探す自信がない。できれば実際に会うまで誰かにフォローをしてほしい。

コンサルタント型K・Tさんの場合

3月1日 結婚情報サービス会社に実際に行って、コンサルタントとカウンセリング!
3月20日 プロフィールを閲覧するけれど、なかなかアプローチする相手が見つからない。
4月10日 コンサルタントから、「この人はどうですか?」と紹介を受ける。好みとは少し違うタイプだったので心配だったけれど、とりあえず会ってみることに。

5月1日 実際に会ってみると話が弾み、なかなかいい人だった。向こうも乗り気だったので、交際をスタートさせる。



6月15日 交際3ヶ月目、自分は強く結婚を望み始めたのに、相手は気乗りしていないような雰囲気がする。コンサルタントに相談してみると、実は向こうも同じように「こちらはその気なのに……」と思っていたよう。これで気持ちは通じた。
  めでたく婚活成功!幸せな結婚生活に突入!

コンサルタント型

メリット

  1. 相手に実際に出会える確率が高い
  2. 信頼性が高い
  3. 何かあったとき、すぐに相談ができる

デメリット

  1. 直接店舗に行く時間が必要
  2. 費用が高めである

コンサルタント型なら >>パートナーエージェント

N・Kさん(29歳)収入が少ないので、会員費はなるべく抑えたい。

ネット完結型N・Kさんの場合

3月1日 費用の安いネット完結型の結婚情報サービスを発見。すぐにネットから申し込む。
3月4日 入会用の書類が送られてきたので、本人確認書類や、独身証明書を添えて返信。
3月10日 IDとパスワードが送られてきた。すぐにメンバーページにログイン!
メンバーページでは、写真付きプロフィールが閲覧できる。気になった何人かにメールしてみた。
4月5日 長くメールのやりとりが続いた2人と、実際に会ってみることに。1人はメールでのイメージとギャップがあって、そのままフェードアウト……。
もう1人は誠実な男性で、次の約束も取り付ける。
8月10日 出会って4ヶ月目、なかなか結婚する意志を見せてくれない相手に、思い切って「そろそろ……」と持ちかける。 しかし「もうちょっと待って」との返事が。後で聞いた話では、他にも気になる人がいたとのこと。 結局2ヵ月後に、今度は向こうからプロポーズが。
  めでたく婚活成功!幸せな結婚生活に突入!

ネット完結型

メリット

  1. 費用が安く済む
  2. 24時間好きな時間に検索できる
  3. 手軽に写真付きプロフィールが確認できる

デメリット

  1. 会員全員に写真を閲覧されてしまう
  2. 相手に出会える確率が低い。

ネット完結型なら >>ブライダルネット

総評

ネット完結型だと、どうしてもメールのやりとりや、チャットの利用が多くなります。そういったやりとりが苦手な方にとっては、少しつらいかもしれません。ですが費用は確実に安いです。
コンサルタント型だと、相談だけでなく相手との調整も行ってくれます。交際をうまく続けるのに自信がないという方や、自分自身やコンピューターの判断だけでなく、プロに出会いの相手を選んでもらいたいという人にとっても、コンサルタントは心強い味方になることでしょう。

ページ上部へ戻る